« Allstar Link First 2-way JA QSO | トップページ | IRLPでの cron の使い方 »

2009年12月13日 (日)

IRLPでUSBメモリースティックサポート

今までIRLPノードのバックアップを保存したり,接続・切断時の音声メッセージをサーバーにアップロードする際にフロッピーディスクが用いられてきました。しかしフロッピーが過去の遺物になりつつある現在,IRLPではフロッピーのサポートがなくなりました。今後はフロッピーの代わりにUSBメモリースティックが使われます。

旧フロッピーを使うコマンドは具体的に,

backup_for_reinstall
send_wave_files

です。

フロッピーの時と同様,何かしらの方法(手動でフロッピーをマウントして,あるいは他マシンからftpなど)で対象ファイル/tmp ディレクトリーにコピーできれば,USBメモリースティックの代わりにそちらを使うこともできます。

注意点としては,バックアップから再インストールする irlp-reinstall もすでに修正されていますので,get-irlp-filesでirlp-reinstallをダウンロードしてから再インストールしようとすると,既にあるフロッピーからの再インストールはできません。以前のirlp-reinstallスクリプトが別に保存されていれば,それを使うことで既存フロッピーから再インストール可能です。

/tmpにコピーできれば,メディアを気にする必要がないので一番簡単でしょう。

|

« Allstar Link First 2-way JA QSO | トップページ | IRLPでの cron の使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186392/47009368

この記事へのトラックバック一覧です: IRLPでUSBメモリースティックサポート:

« Allstar Link First 2-way JA QSO | トップページ | IRLPでの cron の使い方 »