« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月16日 (土)

IRLPネイティブのIDプログラム

2011年6月中旬から,IRLPシステムそのものにIDを送信する(CWや音声等で自ノードコールサインを自動送信する)プログラムが追加されました。IRLPの自動アップデート機能により,世界中の全てのノードに追加されているはずです。

IDプログラムは何年も前から最も要望の多かったプログラムで,過去にも色々な局がアドオンプログラムを開発してきました。まぁ,やっとIRLPシステムに入ったか,という若干時期はずれの感もありますね。私自身はKK7AV開発のcwtimerというプログラムが気に入って使っています。

さて,今回ネィティブで追加されたIDプログラムですが,プログラム自体は

$SCRIPT/interval_id

です。IDの種類は,自動生成のCWと,自由なwavファイルを選べます。

使う前に,$CUSTOM/rc.irlpファイルと$CUSTOM/environmentファイルを以下のように編集します。(両ファイルともに,rootで編集する必要があります。)

$CUSTOM/rc.irlp

以下を追加。ファイル中のどこでも良いですが,一番最後が良いでしょう。

if [ "$USE_INTERVAL_ID" = "YES" ] ; then
echo -n "Starting the Interval ID script... "
killall interval_id >/dev/null 2>&1
sleep 3
/bin/su - -c "$SCRIPT/interval_id" repeater >&/dev/null 2>&1 &
echo "(put in background) done!"
fi

上を追加することで,$CUSTOM/environmentファイルの中で,USE_INTERVAL_ID=YESとすると,ノード起動時にinterval_idプログラムをバックグラウンドで自動実行します。

$CUSTOM/environment

以下を追加。ファイルのどこでも良いですが,
  #==== you should not have to edit anything below =============
の直前(上)が良いでしょう。

export USE_INTERVAL_ID=YES
export VOICE_ID_FILE="/home/irlp/custom/voice_id.wav"
export ID_PTT=AUX1
export ID_INTERVAL=600
export ID_MIX=YES
export MORSE_TEXT="VE7LTD"
export MORSE_SPEED=FAST
export MORSE_PITCH=800
export MORSE_VOLUME=30

  • USE_INTERVAL_ID=YESにすると,このIDプログラムを使用します。NOなら使用しません。
  • VOICE_ID_FILEに,実際に存在するwavファイルを指定すると,そのファイルを再生します。ここにファイルが指定されていても,実在しなければCWが自動生成になります。
  • ID_PTTには,PTTオンの為にPTT端子を使うか,AUX1端子を使うかを指定します。お勧めはAUX1端子です。しかしAUX1端子を使う場合には,PTT端子をAUX1端子が電気的にショートされていなければなりません。
  • ID_INTERVALは,ID間隔を秒で指定します。
  • ID_MIX=YESは,ノード無線機が何か送信している時でも,その信号に重ねてIDを送出します。サウンドカードがmixer機能をサポートしていなければなりません。もし,サウンドカードがmixer機能をサポートしていないにもかかわらず,YESにするとID送出時に"/dev/dsp: Device or resource busy"のようなエラーが出ます。その場合にはNOにします。
  • MORSE_TEXTには,CWで送出するコールサインを指定します。ここに指定が無い場合には,環境変数の$CALLSIGNが使われます。
  • MORSE_SPEEDにはCW送出速度を,SLOW (5wpm), MEDIUM(8wpm), FAST(15wpm), FASTEST (30wpm)から指定します。指定が無い場合,指定が無効の場合にはFASTになります。
  • MORSE_PITCHには,CWトーン周波数を300~3000Hzの範囲で指定します。指定無い場合,指定が無効の場合には800が使われます。
  • MORSE_VOLUMEには,CW音量を1~100%の範囲で指定します。指定無い場合,指定が無効の場合には,30が使われます。

ID_PTTについて補足します。お勧めはAUX1ですが,DB9コネクタ内でPTT端子とAUX1端子を電気的にショートする必要があります。隣同士のピンをショートするだけで簡単にできますから,もしAUX1を他の用途に使っていなければお勧めです。このプログラムだけでなく,多くのIDプログラムでもAUX1を使うことが推奨されています。

それでは,なぜPTT端子ではなくAUX1端子が良いのでしょうか。

PTT端子とAUX1端子を電気的にショートすることによって,プログラムはPTT端子オン(keyコマンド)だけではなく,AUX1端子をオンにする(aux1onコマンド)ことで無線機をkeyupすることができます。

PTT端子はIRLPシステムそのものが無線機をkey/unkeyするために使っています。もしIDプログラムも同じPTT端子を使ってID送出したらどうなるでしょうか。

ノードが他ノードにコネクトされており,自ノードが送信中の場合を考えます。その時IRLPは前述のようにPTT端子を使って無線機を送信状態にしています。そこでIDのタイミングが来てIDが送出されるとします。ID送出のためにPTT端子オンにしても,すでにオンになっています。これは問題ありません。しかし,

  1. ID送出中に,コネクト先の相手が話すのをやめ受信に移った。(IRLPシステムがPTTオフ)
  2. コネクト先の相手がまだ話しをしているのに,ID送出が終了した。(IDプログラムがPTTオフ)

いずれの場合もPTTはオフになり,無線機は送信をやめてしまいます。1.の場合には,IDが途中で終了してしまいますし,2.の場合には相手の話が途中で切られてしまいます。

つまり,2つのプログラムが一つのPTTを勝手にオン,オフしまうことで不都合が生じてしまうわけです。

そこでPTT端子はIRLPシステムがコントロール,AUX1端子は他のアドオンプログラムがコントロールするようにすることで Wired ORとなり,両方がオフの時のみ無線機PTTがオフにできます。このようにすることで,上記のような他方によってもう片方が切られてしまうような状況を回避できるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

IRLPノード構築のお手伝い

この金曜夜は,クラブの古いIRLPノードを引き継いだが,Linuxの知識もIRLPの知識もないという方のお手伝いをしてきました。

そのシステムは,IRLP Version 2 ボード(初めて見ました),RedHat OS,386CPUでした。うまく動作しているのですが,CW IDプログラムを追加したいがよくわからないとのこと。私もあまりに古いシステムですとわからない所がありますし,誰がどのようにいじっているかわからない。この機会にとお勧めしたのは,PCを少々新しくして,CentOS4ベースの最新のIRLPにすること。その方の手持ちの,これまた古いけど今までよりはほんのちょっと新しいPCを使ってIRLP再構築することにしました。

金曜昼に連絡をもらってすぐにIRLP公式ページからOS+IRLPのインストールCDイメージをダウンロード,CDに焼き,夕方終業後そのままオンサイト サポートに赴きました。

ネットワークの設定や,ルーターのポート転送,既存IRLPのバックアップなど,自分の環境ならすぐにできることも,他人の環境ですとなかなか手こずります。

新OSインストール,無線機接続,オーディオ調整,など諸々終了したのが10時過ぎでした。

久しぶりのIRLP再構築という作業は色々思い出しながらの作業で楽しかった。おかげでとても感謝され,その方とも新しく友人になれました。とても良い週末の夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

ジとヂ,ズとヅ

和文をやり始めて,今まで日常生活の中でこの違いを疎かにしていたことに気付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

Vibroplexバグキーの調整方法

YouTubeに載っているビデオHow to Properly Adjust and Use a Vibroplex Bugと,Vibroplexバグキー購入時に付いてくる説明書SEMI-AUTOMATIC KEY ADJUSTMENTから調整法をまとめてみます。

Bug_3

重要な調整箇所は以下の4箇所です。この順番に行います。

  1. D - Dash Lever Stop
  2. C - Dot Lever Stop
  3. E - Dot Contact
  4. B - Dash Contact

サイドトーンなどの符号発生器を付けた状態で音を聞きながらやります。

1. D: Dash Lever Stop

まず一番最初に行う調整です。この調整の前に,C,E,Bのネジは緩めてギャップを大きめにとっておいた方が良いです。

ここの調整の目的は,短点を出し終わって指を離してアームが戻った瞬間,アーム先端がダンパー(G)に当たってアームの振動をピタッと抑えるようにすることです。

アームを静止状態に置き,ネジ(D)を締め込んでいくと,それにつれてアームが左に押され,先端がダンパーから離れていきます。静止状態でアームがダンパーから離れていては,短点送出後もずっとアームが振動を続け,次の短点にチャタリングを生じさせるなどの影響を及ぼします。

ここは,一度ネジ(D)を締め込み,アーム先端がダンパーから離れた位置から,今度は逆にネジ(D)を抜いていき,アーム先端がダンパーにそっと触れる,しかしダンパーは動かないというところで固定します。逆にネジDを抜きすぎてアームがダンパーを右上に持ち上げないようにします。

これで,短点送出後ピタッとアームの振動が止まるはずです。

ここの調整は一度行えば,この先ほとんど行うことはないでしょう。他の調整は,ここには影響しません。逆に,全体の調整終了後ここをいじってしまうと他に影響しますので,2/3/4の再調整が必要になります。

2. C - Dot Lever Stop

レバーを短点側に振ったときに親指で感じる振れ幅(ギャップ)の調整です。ネジ(C)はアームのストッパーであり,短点接点ではありません。ここで決まるアームの動き幅で振り子が振れます。YouTubeのビデオでは15/1000インチ(0.38mm)にすると言っています。ハガキ2枚弱の厚さですね。

この値の前後で好みで調整しますが,ここが一番難しいのではないでしょうか。ギャップが小さすぎると,振り子(重り)が良く振れず,しっかりした短点がでませんし,速めの打鍵になってしまいます。逆に大きすぎるとガチャガチャしますし,長短点のバランスが悪くなります。

説明書には,始めは広めのギャップからスタートすると良いとの記述があります。

ここのギャップを変えたら,E - Dot Contact の再調整が必要です。

3. E - Dot Contact

短点接点のギャップ調整です。

レバーを短点側にしばらく押し続けた状態のまま(アーム先端はダンパーから離れている),アームの振動が終わり静止するのを待ちます。

ネジ(E)を抜いていくと接点同士が離れ,締めていくと,ある点で接点同士が接触します。接点が接触した瞬間はサイドトーンが擦れたような音を出します。あるいはアームに微妙な振動が残っており擦れた連続短点のようになるかも知れません。

そこで,そこからさらにゆっくりネジ(E)締め込んでいき,接点同士がしっかりと接触し,トーンがきれいな連続音になるようにします。締め込み過ぎると短点が濃くなりすぎ,また長く連続して出なくなります。

さらに,短点を何度か送出し,擦れずしっかりした短点がある程度の長さ出る位置に調整します。

4. B - Dash Contact

長点のギャップ調整です。アームのストッパーと長点接点を兼ねています。C - Dot Lever Stop と同様,YouTubeビデオでは15/1000インチにすると言っています。

あとは好みで調整しますが,あまり広げると短点から長点への移行の際すきまが空いてしまいます。

以上が重要な調整ポイントで,あと,

H: Dot Lever Tension (短点操作のバネ圧)

J: Dash Lever Tension (長点操作のバネ圧)

重り位置: 速度調整

がありますが,これらは好みで調整します。これらを変えても1/2/3/4のセッティングに影響はありません。

以上はあくまで説明書的なセッティングであり唯一の解ではないはずです。しかし私の場合はまだまだ初心者なのでスタートポイントがわかりません。まずはここを基点と定め,ここから大きく逸脱しない範囲で練習をスタート,続けています。これでうまく打てないのは私のせいということで。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

バイブロのつまみ

バイブロバグキーのつまみの部分は,まるでストレートキーのつまみを横にした形になっています。これが使いやすい。打とうとして親指と人差し指を開くと,その間隔,そして人さじ指の位置が丁度つまみに来ます。よく考えてありますね。

Imag0015_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »