« PiRLPネットワークが不安定だった原因 | トップページ

2013年7月 6日 (土)

PiRLPノードのSDカードバックアップ

Raspberry Piは,SDカードをHDDの代わりに使用していますので,以前のPCベースのIRLPノードのように backup_for_reinstall をしなくても,SDカードそのもののクローンを作っておけば,それを差し替えるだけで全く同じように動作します。万が一の場合のノード復旧が大幅に簡略化されますので,おすすめです。

SDカードのクローンは,Windows PCでは Win32 Disk Imager,Linux であれば dd コマンドを使って簡単に作ることができます。(Raspberry Pi以外の別PCで行います。もちろんSDカードスロット付きPCか,無ければUSBアダプターを用意する必要あります。)

ただし注意点が一点。

SDカードはたとえ同じメーカー,同じ容量のもので揃えたとしても,個々に微妙な容量の差があるようです。もし,オリジナルのSDカードの容量が,クローン用のSDより微妙に大きい場合,上記ツールだけではうまくクローンを作れません。コピー先容量不足のエラーが出ます。特に,Raspeberry Piインストール後,raspi_configを使ってSDカードの容量をフルに使うような設定をした場合,こうなる可能性が高くなります。

このような場合には,クローンを一サイズ上のSDカードに作るか(4GBなら8GB,8GBなら16GB),あるいはオリジナルSDカード上のlinuxファイルシステムとそのパーティションを少し縮小する必要が出てきます。

後者のlinuxファイルシステムとパーティションの縮小は,GPartedというフリーツールで簡単に行う事ができます。Live CDを利用すれば,このCDからブートしますので,どのPCでも利用可能。しかし,後述の理由から,別PCはLinuxを使った方が良いと思います。

RaspbianのSDカード上には,FAT16の小さめのブートパーティションと,ext4の大きいlinuxパーティションの2つが作られています。(以下は fdisk の出力。)

Number  Start      End       Size      Type     File system  Flags

1        4194kB  62.9MB  58.7MB  primary   fat16             lba

2        62.9MB  3806MB 3743MB  primary   ext4

GPartedを使って,ブートパーティションの方は一切触らずに,linuxパーティションだけを少々(例えば200MB位。)減らしてあげます。その際,linuxパーティションの始めのfree spaceはいじらず(スタート位置はそのままに),後ろのfree spaceが増えるように(後ろから減らすように),全体サイズを減らします。Gpartedは,ファイルシステムとパーティションの両方を同時に減らしてくれますので,これだけでOK。

その後,Linux上で dd コマンドを使ってクローンを作ります。

dd bs=1M if=/dev/sdx of=/tmp/sdcard.img (オリジナルSDイメージをPCにコピー。その後SDカードを入れ替えます。)

dd bs=1M if=/tmp/sdcard.img of=/dev/sdx (上でコピーしたオリジナルイメージをクローンにコピー。)

(sdxxは,使うPC環境で変わります。)

2番目のddで(クローンに書込む時に)やはり容量不足のエラーが出るかも知れませんが,それは無視して最後まで続行します。エラーが出たときには,必要な部分は全てコピーが済んでいます。残念ながらWindows上のWin32 Disk Imagerではエラーが生じた時点でコピーが停止してしまってうまく行かないようです。

|

« PiRLPネットワークが不安定だった原因 | トップページ

コメント

初めまして。
IRLPノードを実家と自宅に建てようと思い、先月IRLPボード(PiRLP)を2つ入手しました。
その際、NodeID(番号)等の情報が全くなく、ボードのみ送られてきただけだったので、この情報はどのように入手するのか教えていただけませんでしょうか?

「Dave Cameron (VE7LTD)」氏にはメールで問い合わせしているのですが、私の英文が下手で理解していただけないのか連絡がないので悩んでいます。
ボードは届いて、アプリもDownloadし、あとはIRLPとRaspberryPiに接続するケーブルと、無線機を接続するケーブルを作って組み立てるだけになりました。

このページの内容と異なった内容で申し訳ございませんが、ご教授いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

投稿: JH1FXC | 2013年9月26日 (木) 15時27分

JH1FXCさま:
こんにちは。拙文ご覧いただきありがとうございました。Node IDは,IRLPソフトウェアのインストール手順の中で自動的に割り当てられます。別途メールで情報共有しますね。

投稿: JI1BQW | 2013年9月27日 (金) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PiRLPノードのSDカードバックアップ:

« PiRLPネットワークが不安定だった原因 | トップページ