備忘録

2010年11月 6日 (土)

【備忘録】 Asterisk/app_rpt -- usbradio.conf

;
; Usbradio channel driver Configuration File
;

[general]

[usb2132]

hdwtype=0
rxboost=1
txboost=1
rxctcssrelax=1
txctcssdefault=67.0
rxctcssfreqs=67.0
txctcssfreqs=67.0
;rxctcssoverride=0
carrierfrom=dsp
ctcssfrom=dsp
rxdemod=flat   <-- descriminatorからの場合
txprelim=yes  <-- modulator直接入力の場合

txlimonly=no
txtoctype=notone
txmixa=composite
txmixb=no
invertptt=0
duplex=0
rxondelay=20
rxnoisefiltype=0
eeprom=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

【備忘録】 dstarrepeater

Linux ビルドに必要なパッケージ
wxGTK
portaudio

ビルドの前にMakefileの修正
export ARCH=x86-64
     ↓
export ARCH=pentium

make
make install

実行ファイル
GUI版: /usr/local/bin/dstarrepeater
テキスト版: /usr/local/bin/dstarrepeaterd

テキスト版を,以下のように nice して実行させた方が安定する。
nice --adjustment=-20 dstarrepeaterd
niceをしない場合,"No audio is being received."という致命的エラーが発生する可能性が高いようだ。

ログは,/root/DStarRepeater.log

dstarrepeaterconfig で設定変更
設定値は,/root/.D-Star repeater ファイルに保存される。

r2g2_xと共に使う場合のIPアドレスとポート設定は,
gatewayAddress=127.0.0.1
gatewayPort=19000
localAddress=0.0.0.0
localPort=20000

以下の設定は環境によって大きく変わる。
Network Delay=0
Audio Delay=20ms
PTT Delay=40ms
特に,Audio Delay は,unkeyした時に"Found End Sync"が安定して表示されるように。また,PTT Delayは,相手コールサインがHT上に安定して表示されるように調整。

Parrot Controller
実行ファイル
GUI版:/usr/local/bin/parrotcontroller
テキスト版:/usr/local/bin/parrotcontrollerd

テキスト版の方が安定する。
parrotcontrollerd ""
引数にRepeater Nameを指定しない場合には,"" (NULL文字)が無いと動作しない。
ログは,/root/ParrotController.log

parrotcontrollerconfig で設定変更
設定値は,/root/.Parrot Controller ファイルに保存される。

/root/r2g2_x/r2g2_x
r2g2_xrは,レピーター用。レピータで無い場合には,r2g2_xを使う。
設定は,r2g2_x.cfg
LOGIN_CALL=JI1BQW
RPTR=JI1BQW
RPTR_MOD=B

/root/r2g2_x/dstar_cmd
XRF001A にリンクする。
dstar_cmd 127.0.0.1 19000 XRF001AL JI1BQW B
アンリンクする。
dstar_cmd 127.0.0.1 19000 U JI1BQW B

サウンドカード
USBサウンドFOB(URI)では安定せず,うまくGMSK変復調できなかった。SoundBlaster Audigy (CA0106)でOK。音声レベルは,入出力とも100%。

ノード無線機
9600bpsパケット出力を使う。Narrow FMにする。古いリグだと不安定かもしれない。T-SQLは無意味なので無し。SQLは普通に効かせておく。

HT
Simplexの場合には,DUPをセットし,シフト周波数をゼロにしないと,RPT1とRPT2をセットできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

【備忘録】 alsaのビルド

ALSA Project からパッケージをダウンロード

alsa-driver1.0.12を全てのカードに対してビルド,インストールする:

bunzip2 alsa-driver-1.0.12.tar.bz2
tar -xf alsa-driver-1.0.12.tar
cd alsa-driver-1.0.12
./configure --with-cards=all --with-sequencer=yes
make
make install

CA0106だけの場合には,--with-cards=ca01016
複数ドライバの場合には,--with-cards=xxx,yyy,zzz のようにカンマで区切る

アンインストールは,make uninstall

alsa-lib 1.0.14をビルド,インストールする:

bunzip2 alsa-lib-1.0.14.tar.bz2
tar -xf alsa-lib-1.0.14.tar
cd alsa-lib-1.0.14
./configure
make
make install

alsa-utils 1.0.14をビルド,インストールする:

bunzip2 alsa-utils-1.0.14.tar.bz2
tar -xf alsa-utils-1.0.14.tar
cd alsa-utils-1.0.14
./configure
make
make install
/etc/modprobe.conf

alias eth0 e1000
alias snd-card-0 snd-ca0106
options snd-ca0106 index=0
options snd-card-0 index=0
options snd-intel8x0 index=1
options snd-usb-audio index=2
remove snd-intel8x0 { /usr/sbin/alsactl store 0 >/dev/null 2>&1 || : ; }; /sbin/modprobe -r --ignore-remove snd-intel8x0

IRLPで使うサウンドカードは,常にデフォルトサウンドカードとして最初に認識させなければならない。そのため,options snd-ca0106 index=0 とする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

【備忘録】 /dev/snd ファイルのパーミッション変更

IRLPのシステム変更により,/home/irlp/bin/playコマンドの代わりにOS付属のaplayコマンドが使用されるようになった。これはcommon-functions.sh内で,利用できるオーディオ再生コマンドによって環境変数$PLAYを設定している。

ところが,aplayコマンドはsuper userでは利用できるが,repeaterユーザーからaplayコマンドを使うとエラーになる。この原因は,/dev/snd内の各ファイルのパーミッションが root.root/0600であるため。よって,これらのファイルのパーミッションを root.sys/0660 にすれば良い。

/etc/security/console.perms.d/50-default.perms 内の

<console>  0600 <sound>      0600 root

というエントリーを以下のように変更する。

<console>  0660 <sound>      0660 root.sys

# repeaterユーザーは,sysグループに入っている。

rtpDirをインストールした時に,/home/irlp/custom/rc.irlp の最初に追加するよう指示されている:

chmod o+rw /dev/audio* /dev/mixer* /dev/dsp*

も不要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

【備忘録】 Windows XPでアプリの自動起動をやめる

スタートアップフォルダに入っていないにもかかわらず,起動時に自動起動されるアプリケーションの起動をやめる。

「ファイル名を指定して実行」 > 「msconfig」 > 「スタートアップ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

【備忘録】 D-STAR ライブストリーミング配信

D-Star交信をMP3ストリーミング配信する。CentOS5を使う。

利用するHW

  • DV Dongle

利用するSW

  • dplus_streamer あるいは dextra_streamer (以下は dplus_streamerを想定)
  • lame-3.97-1
  • ezstreamer-0.5.5
  • icecast-2.3.2
  • httpd
  • Windows Media Player(MP3 クライアントソフトウェア)

dplus_streamerの設定はdplus_streamer_conf.txtで行う。ただし,

  • SILENCE=Y を指定する。Nだと無入力(無交信)の時Windows Media Playerがうまく動かない。

接続先レピーターあるいはリフレクターは,そのIPアドレスをdplus_streamer_connect.txtに記述する。

  • REF001 66.151.17.198 C

配信のためのコマンド

/root/dplus/dplus_streamer | lame -x -r -s 8 --bitwidth 16 --signed --little-endian -m m -f -b 32 - - | ezstream -c ezstream_dstar.xml

dplus_streamerからstdoutに出力される16ビット,Signed Little-Endian,non-stereo,8 KHzのraw PCMオーディオ信号をlameでMP3化し,さらにezstreamでicecastサーバーに送る。

/usr/local/etc/icecast.xmlの留意点

<limits>
        <clients>
10</clients>
        .....
</limits>
<authentication>
        <source-password>xxxxxx</source-password>
        <relay-password>xxxxxx</relay-password>
        <admin-user>
xxxxxx</admin-user>
        <admin-password>xxxxxx</admin-password>
</authentication>
<hostname>ji1bqw.com</hostname>
<shoutcast-mount>/stream</shoutcast-mount>
<basedir>/usr/local/share/icecast</basedir>
<webroot>/usr/local/share/icecast/web</webroot>
<security>
     <chroot>
0</chroot>
     <changeowner>
         <user>
nobody</user>
         <group>
nobody</group>
     </changeowner>
</security>

/root/dplus/ezstream_dstar.xmlの留意点

<url>http://ji1bqw.com:8000/stream</url>
    <sourcepassword>xxxxxx</sourcepassword> --> icecast.xmlのsource-passwordに一致させる
    <format>MP3</format>
    <filename>stdin</filename>
    <stream_once>1</stream_once>

/usr/local/share/icecast/web/dstar_stream.asxを作成

<ASX version="3">
   <Entry>
      <ref HREF="http://ji1bqw.com:8000/stream"/>
   </Entry>
</ASX>

ブラウザあるいはMP3クライアントから,http://ji1bqw.com:8000/dstar_stream.asxをアクセス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月31日 (金)

【備忘録】 ネットワーク設定変更

DHCPサーバーからのIPアドレス割り振りを止め,固定IPを指定する。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.xxx.xxx.xxx (固定したいIPアドレス)

service network restart

ネームサーバーを,ルーターではなく外のDNSを直接参照するようにしてみる。

/etc/resolv.conf
nameserver xxx.xxx.xxx.xxx (外のDNSのアドレス1)
nameserver xxx.xxx.xxx.xxx (外のDNSのアドレス2)

service network restart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

【備忘録】 CentOS 5の日本語入力

EVBにはGUI環境もましてや日本語環境もない。まず日本語入出力環境を導入し,さらにアプリケーションとして,ターミナル,ブラウザ,メーラ,openofficeまでを導入してみる。ここではGNOMEやKDEなどのDesktop環境は導入しない。

X Windows のインストール

yum groupinstall "X Window System"

リモートPCからVNCでアクセスするため,X11サーバーではなく,vncserverを動かす。

yum install vnc-server.i386
chkconfig vnc-server on

VNCサーバーの設定は /etc/sysconfig/vnc

VNCSERVERS="0:repeater" (repeaterユーザーで起動)

日本語パッケージをインストール

yum groupinstall "Japanese Support"

anthy, scim, scim-anthyをインストール

$ yum install anthy scim scim-anthy

scim設定(scim-setupコマンド)のホットキー,開始/終了で,Alt+Kanjiを追加すれば,MS Windows と同じAlt+半角キーでIMを日本語入力モードにできる。

VNC環境なので,(~/.xinitrcではなく)~/.vnc/xstartup に以下を追加する。

export LANG="ja_JP.UTF-8"
export XMODIFIERS="@im=scim"
export GTK_IM_MODULE="scim"
export QT_IM_MODULE="scim"
export XIM_PROGRAM=/usr/bin/scm
export SAL_USE_VCLPLUGIN=gtk
xhost +

さらに,各ユーザーの ~/.bash_profileにも

export XMODIFIERS="@im=scim"
export GTK_IM_MODULE="scim"
export QT_IM_MODULE="scim"
export XIM_PROGRAM=/usr/bin/scm
export SAL_USE_VCLPLUGIN=gtk

を入れておくことで,vncログインユーザー以外も日本語が使用可能となる。

/etc/sysconfig/i18n で以下のように修正

LANG="ja_JP.UTF-8"

VNCサーバーを再起動する。

service vncserver restart

man で日本語を表示するには,/etc/man.config で以下のように修正

PAGER  /usr/bin/lv -i

mltermのインストール

http://mlterm.sourceforge.net/からダウンロード,展開
./configure --enable-anti-alias --enable-scim --with-scrollbars
make
make install

この状態で,ユーザーroot,repeaterともに,mlterm,firefox,sylpheed,openoffice3.1.0で日本語入力が可能となった。

openoffice3.1.0でscimが立ち上がらなかった問題は,

export OOO_FORCE_DESKTOP=gnome

あるいは

export SAL_USE_VCLPLUGIN=gtk

のどちらかを指定することで解決した。gnomeセッションを立ち上げる必要はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

【備忘録】 EVBを止める

EVBベースのasteriskをインストールしたPCで,asterisk/app_rptを動かしたくないとき。

実行中にasterisk関連プロセスを停止する方法:

  • amportal kill
  • killall asterisk
  • killall -u asterisk
  • killall rc.updatenodelist
  • service httpd stop
  • service zaptel stop

PC再起動の際のEVB/asterisk自動起動を止める方法:
/etc/rc.localの中の

  • /etc/EVB/EVBrun
  • /usr/local/bin/rc.updatenodelist&
  • /usr/local/bin/app_rpt_helper

をコメントアウトする。さらに,

  • chkconfig zaptel off
  • chkconfig httpd off

ログインメッセージ(以下)は/etc/EVB/EVB.txtに記述されており,/etc/bashrc内からcatで表示されている(/etc/motdではない)。

Running EasyVoxBox - http://www.easyvoxbox.org
        Asterisk   - http://www.asterisk.org
        app_rpt    - http://www.xelatec.com/asterisk

最小限でAsterisk/app_rptを再動作させる時:

  • /usr/local/bin/rc.updatenodelist &
  • chkconfig zaptel on
  • service zaptel start
  • asterisk -r &

| | コメント (0) | トラックバック (0)